LOG IN

ブログやSNSの日々雑感とRollei CR200のレトロ感

by まりっか

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
今夜も、どこかでゲリラ豪雨があったからか、とても涼しい風が吹いています。
ブログ日和となりました。

このgoatは、コメントを受け付ける機能がついていません。
実はそこがとても気にいっているところでもあります。
むか〜しむかし、最初のブログサービスのところで、ちょっと変わった女性の方がいらして、
その方からコメントが入っていたのはわかりましたが、時間的に遅くて翌日の夜にコメントを返そうとおもい、ブログを閉じました。その直前までの方は、時間的にも早くささっと返していました。
自分の時間ですし、返さないことはなかったわけですし、やりとりを日頃からしていたら、信頼関係もできている方がほとんでしたし、皆さん、そんな感じでした。
ところが、その女性は、返事が無いと言って、ツイッターに怒りをぶつけていたのを見てしまい、こわっ!と、思ったので、フェードアウトしていきました。
トイカメラの写真に熱心な方で、仲良しのツイッター仲間をGoogle+(GoogleのSNS)の試験運用に招待されてグループでやりとりをすることにもなった、メインの方でもありました。
なので赤いところ、実は試験運用から使っていました(笑
その後、自分は付かず離れずしてましたが、とうとうその方は、別な方を槍玉にその他の2名の方も巻き込んでの、大トラブルになったのです。やはり、コメントがすぐ返さないで無視したとかと。
結局そのグループでのやりとりはなくなり、その方は別な方々と仲良くされるようになりました。
そんなこんなで、赤いところはよくわからないしで、ずっと放置していました。
そう2年くらい放置…
真面目にやっていたら、今頃私はどんな風に変わっていたでしょうかね。

おもうのは、人それぞれの時間軸は違いますし、流れも違うので、今見ていたからと言ってすぐに返事があるとは限らないはず。急に手が離せなくなることができてしまうかもしれないし、時間で区切ってまた今度ということも、あるはずですからね。
あとは、うっかり飛ばしてしまったり。悪気はなくても起こりがちですね。

SNSができてから、この辺りの感覚の違いがすごくわかるようになったというか、目立ってきたなあと思います。それまではほぼ、電話かリアルで会うかするしかなかったわけですし、手紙だって時間はかかるし。
見えない人の動きが、直接手に取るようにわかるようになった弊害であると思います。
まさに、SNSで疲弊してしまうのはほんとあって。リアルでも面と向かって言われたら凹みますが(笑

また、ブログではありませんがSNSでは、フルに発言がオープンな環境に身を置いていると、とんでもないことを言われてしまうこともあります。
通りを歩いていて、見ず知らずの人に「あんたの服(SNSだと写真とかキャプとか)とんでもないからそれ」と面と向かって言われるようなものだと思ってしまいます。
リアルでは絶対にありえないことなのに、SNSだと平然と言ってのける人がでてくるという。
反論すると、「言ってもいい権利があるのだからいいだろう」と言ってくる始末(つい反論しちゃうのよね)
ストリートで因縁つけられて喧嘩になるのと同じパターンですよね。
女性でそんな風に絡まれることなんて普段ないですが、SNSだと頻繁におこる不思議(笑
心臓に毛がふさふさと生えてなければやってられない時代になったなと思います。
まあ、スルーすればいいですが、悪い気分は少しは残りますよね。
なので、世の中はこんなに自分と違う感覚の人で溢れてるのかと驚くことも多々あって、自分も人にそう思われてもいるのだろうともおもいます。

なので、ここはその機能がなく、コメントや反応が欲しければ、自分でSNSや自分のHPで公開しそこで声をかけてもらえば良いので、最初から何も無いのシンプルでいいなあとおもっています。

ただやはり、過去記事からちょっと探し物をしたい時にカテゴライズされたページが無いので、不便なんですよね。自分だけでも見ることができるダッシュボード機能か、ワードプレスブログのように、1ページだけノートのようなページを持つことができて、そこにプロフ紹介のようなことが書けて、索引みたいに5ブログくらいリンクを貼っておけることができたら、嬉しいなあと思ったりしています。
カメラを探したい人やフィルムを知りたい人など、検索できたらいいですよね。でなければ検索窓の実装のみでもいいかなあと思っています。
ええ、ブログを見に来た人のための検索窓です。
でも、つらつらと書いている私には心地よいですが、300とか記事が溜まったら、多分困ったこともでてくるかとおもっているのです。

さて、前置きがながくなってしまったので、昨日のフィルムの続きの写真をば♪
フィルム色がよくわかる写真が見つかったので、そちらを紹介しようと思います。

滋賀からのお友達を交えて、2眼縛りのフォトウォークをした日のもの。下町ですね。
このフィルムの特徴のイエローがしっかり入っています。

昭和感満載で、なんともこのフィルムだからだせる味わいの相乗効果大♪
もちろん、普通に撮りたい人には許せないカラー(笑
でも、この色乗りから、懐かしさや暖かさが伝えられたらいいなあとおもったので、自分としてはこのフィルムでよかったなと。

今は、使われてるのか?使われていないのか?よくわからない建物。
サビとフィルム色がいい感じになりました。

撮っていると全く平然とおっちゃんがチャーリーで駆け抜けていく。
こちらなんて見向きもしない(笑

また、おっちゃんだよーー
楽しすぎる♡ チャーリーとおっちゃんは合うなあ(笑

私はこのフィルムが好きなわけはこの辺りにあります。
SNSだけなく、感覚の違いはひとそれぞれ
好みを大きく分かれるかとおもいますが、私はこういったフィルムを使って表現できるフィルムカメラの世界はとても面白いなとおもっています。
こんな世界を自分だけの世界としてだけでなく、発信できるのはSNSのよいところ。
いいところも悪いところも含めて、フィルム同様に楽しんで使えたらいいなあとおもっています。
では、またね。
次は、どのカメラの写真にしようかなあ。
リクエストあれば、コメントくださいね。SNSで♪
可能なものなら、アップする努力をしてみます。

では、またね♪

*買わないけどめも*



まりっか
OTHER SNAPS