LOG IN

Photo chronicle 6

by まりっか

今日も続きます。
写真の整理をどんどんしていこうと思います。
アウトプットしだすと、気持ちがいいですね。
きちんとまとめるという単純ながらも、結構地味な行為がツボだったりします。
あとで見返したときに紐解けるのが嬉しいのかもしれません。
あちらこちらの、その時に作ったバラバラのファイルをあれこれつっつくと色々出て来ました。

今日はunderな世界です。黒バックの世界は花の持つイメージを覆させてくれるものでもあります。
これは数年前の写真なのか、写真データが小さかった(笑
ハスはunderで撮りたくなるのですよね。大好きな被写体です。


なんとなく、異世界。

大人な世界とも。

林の中、禍々しい雰囲気

レトロな雰囲気も好きだったりします。

雫は、夜撮るのが好きです。
日が暮れる寸前とか、手持ち限界で撮ることが多いかなあ。
ご近所の畑だったりするので、三脚はやっぱりフリーで入らせていただいていても、立てたらよくないですし。

多分、まだどこかにunderなイメージで撮った写真が眠っている気がしますが、みつけることができなかったのでこれで今回はおしまいです。

これからの季節、雨の中で傘をさしながら、ふうわりと撮るのが楽しかったりします。
雨だからといって撮れないことは全然なくて。
むしろいつもと違う写真を撮るチャンスでもあります。
デジでもfilmでも土砂降りでなければ持ち出してしまいます。
花を撮ると輪郭が湿気で霞んでソフトフォーカスかかったように撮れたりするのが楽しいのです。
王道な日の光の下の写真も美しいですが、こちらだって負けない美しさがあります。
雨に濡れるもう一つの良い点は、埃などが綺麗に洗い流されてより一層美しい色とになるのです。
これはハマりますよ。

雨上がりも楽しいですよね。
特に夕暮れが好きです。虫避けスプレーで蚊に刺されないようにして、畑や庭で撮ってみたいと思います。

では、またね。

copylight © Marikka 2017  All Rights Reserved.


まりっか
OTHER SNAPS