LOG IN

24×24スクエアの世界

by まりっか

今回はクロニクルはちょっとお休みというか、blogの中に写真データを取り込むのですが、なんと使っていない写真を発見したのです。
出さないで終わってしまう!っておもったので、その写真達について書こうと思い立ちました(笑

こう言うところが主婦感覚なんでしょうか。
ついつい、もったいないというか捨て置けないのです( ´д`ll)
これなんて、最後まで展示しようか迷った一枚なんですもの。

4月に参加させていただいたグループ展は、タイトルの通り、小さな真四角の写真を大きくプリントして展示しました。これは、変わったカメラを使った写真の展示だったのです。
展示だけみていると、普通に中判のハッセルやローライフレックスで撮った写真と遜色ないプリントでした。
え?あれが、普通の写ルンですとかと同じフィルムのサイズでしかも、ハーフカメラよりちょっとだけ大きい、それもスクエアに撮影できるカメラのネガからって、誰も思わないような写真だったのです。
だって、わざと大きく引き伸ばして展示したのですから(笑

見に来た方の中には、
『ハッセルで撮られた写真でも、大きくするとこれ本当にハッセル?っていうほどのフィルムの粒状感(わざとかもだけど多分中途半端なのかも)やピントが???みたいなのって、今どき割とありますよ。』
っていう話も聞かれました。
自分としては信じられないですが、そう言うのならそうなのかも?
お世辞かも?(笑

確かに、手焼きで大きく焼くと粒状感はでましたが、そこはあの手この手でやっつけたというか。

てか、とても良くきりりと撮れるカメラなんです。
多分カメラが優秀なんだなあとはおもってます。


そんなこんなカメラで撮った写真が冬の間、大量に発生したため、インスタのモノクロ用アカウントはここずっと、ロボットスターで撮った写真ばかり。
でもインスタはスクエアフォーマットなので、アップしやすくていいのですよね。

下の方は光に弱いレンズなので、フレア盛大です(笑

なかなかカラーだと色が難しいですねえ。
今日はブルー&グリーンでまとめて見ました。

ということで、後日モノクロもアップしていこうとおもいます。
インスタグラムだけでなく、こっちにも格納していかないとね。

では、またね♪

copylight © Marikka 2017  All Rights Reserved.


まりっか
OTHER SNAPS