LOG IN

グループ展を終えて

by まりっか

グループ展を終えて、脱力したままGWに突入してしまいました。
天気のおかげで気分転換もできました。
ようやくブログで気持ちの整理ができそうです(笑

グループ展では、自分の『今』のありのままを展示できたかなと思います。
終わりの日が寂しくなるほど、愛着のある展示でした。
苦労に苦労重ねて撮っていたし、モノクロではRCとバライタ、そしてカラーと全てを一人で考えて仕上げた展示だったからかもしれません。

全てのことを自分一人で自問自答してやり遂げた満足感はあります。
しかし、展示して見てもらう醍醐味や旨味をもった写真ではなかったかもしれません。
そこが、ずっと展示を終えてからおもっていたことです。
自己満足で終わったのではないか?
自分らしさはあったがその先は?

色々悩んでもしかたがないなとは思っています。
誰のためでもなく、自分を見せたい
そう表現できた写真たちですから、やっぱりあれでよかったとおもっています。

大額のプリントには、色々な伏線がはっきりと見えていたり、隠されていたり、あの場所やモチーフへの思いなど、語っていないこともたくさんあります。特にプリントに関しては苦労してるので尚更です。
しかし、見た方には大方伝わらなかったのだなあと実感しています。
そこが自分の弱さでしたね。

白いプリントは嫌いだとはっきり言う方もいらっしゃいますが、
自分は好きだからこの道をずっと歩もうと、逆に心に決めました。
誰のためでなく自己表現するものが、プリントでありたい。
そう思っています。
でも、黒が綺麗なプリントももちろんします。
でも根底にあるのは、見てくれる方が優しい気持ちになってくれたら、
にっこりと笑みが溢れてくれたらいいかな。
不思議な写真で何撮ってるか話からに写真も大好きだし、
そんな「らしさ」の表現をつづけていこうとおもえるように、ようやくなってきました。

好きなものは好きなのです。
そして、自分一人でやり遂げることが、今の私の課題かと。

今年は、展示が楽しいので、まだまだ続きます。
その度に、産みの苦しみを味わうでしょう(笑
そこに伸びしろを持っていたいとおもっています。

足を運んでいただいた方、誠にありがとうございました。
これからも、めげずに頑張りますね。

ROBOT** STAR
Schneider-Kreuznach xenon 1:1.9/40
ILFORD PAN100
D76 静止現像 1:6 90分

copylight © Marikka 2017  All Rights Reserved.

このエントリーをはてなブックマークに追加

まりっか
OTHER SNAPS