* Kaleidoscop *

なぜMZ3にしたのか

by Mari K

なぜ、ずっと使って来たフルマニュアル機ではなく、大好きなオールド過ぎるカメラではなくMZ3を選んだのか、書いておきます。

Kマウントのカメラが1台欲しくなった。LXを手放したからだ。今ひとつ使いこなせず、良さを引き出せなかったのもある。写りは素晴らしいが、SLに慣れていたのもあり、マニュアル撮りに適していないような気がしていた。

西の友人に借したところ、とても気に入ったようだったので、前期型で申し訳ないなと思いつつ、安価でそのまま買い取ってもらった。

ちょっと前に、900円でmv1を手に入れた。モルトがだめだが、使うには支障がなかった。小さくてコンパクト、レンズをつけても持つのがとても楽、設定なく押すだけに近いカメラだが、とても良く撮れる。ただ、露出コントロールしたいときに、iso設定がプラスマイナス代わりのため、とても悩む。細かい設定できなくて、バクチ撮りなのである。

そこで、SLのようなKマウントをと思ったのである。壊れるもとなのはわかっている電気系統カメラは使いたくなくて。

そこで別な友だちに相談したのだが、電気系統のカメラはNikon以外は信用ならないと、泣くほどたたみかけられて、ズタボロになった。もう悔しくてしかなくて。通じないことがこんなに悔しいのかと。

確かにそれはわかったうえで聞いたが、欲しい答えでは無かったので、しつこく聞いたからよくなかったのだろう。

その後もチクチクとやられて、さすがにその友だちとはフェードアウトに入っている。

だからかな、凄くよいカメラとわかっているNikonは全く使う気がしなくて、売りたい気分。デジのP900で充分である。

なので、意地でもPENTAXを使っていこうと思いはじめたのである。だって言われ損て悔しいじゃないですか。自論は確かに正しいとはおもうけど、それを押しつけてくるのはいかがなものかと。本人的にはとても親切におバカなヤツに教えてあげたくらいのようなので、イライラしていたのもわかり、いくら言っても聞き分けないヤツとおもったらしい。

そんなこんなで、バリバリの電気系統を通り超して、デジに近いボディにしたくなったのだ。ほぼ新品に近いもので探した。スペシャルエディションなので、それほどシャッター回数行ってないことを信じてみたいなと。ボディは、茶色だが、落ち着いた色合いでホッとしている。

撮りやすいし、シャッターをサクッと切れて楽しい。オートフォーカス自体が気楽でよいなあと。

またコツコツとパート代から貯めて、オーバーホールの済んでいる、K2やKXなども買ってみようとおもう。予備のMZ3もまた探しておこう。

どんなカメラ使ったってよいじゃないですか。その人が良いと思えばそれで良いのです。

そして、自分らしい画で表現し撮って行くことで、機材なんて超えたものを写真で出していけばよいこと。

シンプルなここの本質にたどり着けば良いだけだもの。

またコツコツと自分信じて撮って行こう♪うん、それがいい。